紅の鹿投信の第1弾となる「ある特定の分野・テーマに絞ったファンド(投資信託)」をご紹介します。



〔ファンド概要〕

(1) 名称: 「東証1部・高配当利回り株ファンド」

(2) 分類: 国内株式型

(3) 運用方針:

将来の業績拡大および増配の期待が高い東証1部上場の高配当利回り企業に投資することによって、キャピタルゲイン(売買差益)とインカムゲイン(配当収益)の獲得を目指ことを原則とする。

株価水準、配当利回り水準、企業動向の変化に応じて適宜銘柄入れ替えを行う。
組み入れ比率については、株式市況、資産総額水準等を勘案して弾力的な運用を行う。


(4) アピールポイント:

・低金利が続く昨今、高配当利回りが魅力。
・投資先を東証1部上場企業に絞ることで、日銀のETF買い入れの恩恵を受けられる。
・高配当利回り株は、NISA(および来年度に創設予定の子供版NISA)資金のニーズが高い。
・日本株式市場が暴落する事態になったとしても、高配当が株価を下支えする効果がある。


(5) ベンチマーク: TOPIX(東証株価指数)をベンチマークとする。

(6) 設定日(運用開始日): 2015年5月25日(月)

(7) 運用開始時の資産総額: 5,000,000円

(8) 運用開始時に組み入れる銘柄:

1916 日成ビルド工業(2,000株)、3817 SRAホールディングス(600株)、7480 スズデン(1,100株)、8304 あおぞら銀行(2,000株)、9090 丸和運輸機関(300株)


(9) 組み入れ銘柄紹介:
※時価総額、配当利回り、PER、PBRの数値等は2015年5月24日時点のもの。

・1916 日成ビルド工業
建設業。プレハブ建築、立体駐車場の大手総合メーカー。時価総額267億円。配当利回り3.73%。PER9.33。PBR1.46。

・3817 SRAホールディングス
情報・通信業。独立系のシステム開発一括受託会社。時価総額276億円。配当利回り3.59%。PER9.63。PBR1.16。

・7480 スズデン
卸売業。FA用制御機器が主力の技術商社。時価総額140億円。配当利回り3.78%。PER21.22。PBR0.82。

・8304 あおぞら銀行
銀行業。事業法人、金融法人、個人のお客様にオーダーメイドの金融サービスを提供。時価総額7,987億円。配当利回り3.80%。PER13.13。PBR1.44。

・9090 丸和運輸機関
陸運業。小売業に特化した3PL(物流一括請負)。時価総額252億円。配当利回り4.03%。PER11.65。PBR1.80。


(10) 注意事項およびリスク内容:

当概要は適時更新します。
また、ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、投資者の皆様の投資元本は保証されているものではなく、株価の下落により、損失が生じることがあります。株式投資は、くれぐれも自己責任でお願いします。


(11) ファンド概要の作成日と更新日:

作成日:2015年5月24日(日)
最終更新日: -